ロジカルとアートの交差点

法改部


労働・社会保険法令の改正情報を施行日順に一覧できるアーカイヴ


法改正情報のニュースサイト「法改部ログ」はこちら

改正の概要




令和5年4月1日(2023-04-01)
国民年金法

【令和5年度】年金額


▼改正のポイント

令和5年度の年金額は、新規裁定者(67歳以下)と既裁定者(68歳以上)とで、その引上げ率が分かれることとなりました。
名目手取り賃金変動率が物価変動率を上回る場合、新規裁定者(67 歳以下)の年金額は名目手取り賃金変動率を、既裁定者(68 歳以上)の年金額は物価変動率を用いて改定することとなっているためです。

令和5年度の参考指標は、名目手取り賃金変動率が2.8%、物価変動率が2.5%でした。ここからマクロ経済スライドによるスライド調整率-0.3%と前年度までのキャリーオーバー分-0.3%の合計-0.6%をそれぞれ差し引いた、2.2%が新規裁定者の引上げ率、1.9%が既裁定者の引上げ率となります。

▼この改正の公式情報(厚生労働省などのサイトへリンク)

・厚生労働省 令和5年度の年金額改定について

▼この改正に関連する記事(法改部ログ)

~ロジカルとアートの交差点~法改部は、労働・社会保険諸法令の改正情報を施行日順に一覧できるアーカイヴサイトです。
© 2017- Inspaired byKaisei Labo